愛着を持って使い続けられるアイテムをセレクト SPACE COWBOY+(スペースカウボーイプラス/新潟県上越市/家具・インテリア)
ホーム | 食器 > HASAMIBARBAR 蕎麦猪口大事典 ポピーオイル そばちょこ はさみやき
商品詳細

BARBAR 蕎麦猪口大事典 ポピーオイル そばちょこ はさみやき

販売価格: 2,160円 (税込)
数量:
<Size>
Φ8×h6.1cm / 170cc

<Material>
磁器

<Made in>
波佐見

< 使用区分 >
直火:×
IH:×
電子レンジ:○
オーブン:×
食洗機:△



<Explanation>
福岡を拠点に国内外で動画や静止画を発信している奇才アーティスト、ポピーオイルさんとコラボしたそばちょこです。
奇妙な迷彩柄と、筆記体のような“ひらがな”がデザインされています。


<POPYOIL(ポピーオイル)>
クリエーター集団《OILWORKS》の動画・静止画家。
「ディープで繊細で前衛的で少し狂ったような」と評されるペンとハサミとパソコンのミックススタイル。
国内外の音楽作品にデザイナーや映像監督、ツアーVJとして参加。


「蕎麦猪口(そばちょこ)」とは・・・
四〇〇年前から現代まで、その形をほぼ変えることなく親しまれている台形型の器の原点は、肥前国(佐賀県・長崎県)で生産され、伊万里港から全国に出荷していた伊万里焼といわれています。

そば猪口の本来の用途はそばを食べるものではなく、祝儀や会席の膳で、刺身、和え物、塩辛などを盛って出す小鉢(向付)でしたが、江戸時代に入り庶民の間ではそば屋が大流行。そば猪口は蕎麦のツユ入れの他、蕎麦前と呼ばれる食前酒の盃としても使用され、全国津々浦々に流通し、瞬く間に広がっていきました。
そして、流行や文化を反映した膨大な数のデザインが生みだされていったのです。

蕎麦猪口大事典 (そばちょこだいじてん)
400年前に誕生し、フリーカップとして現代でも活躍しているそばちょこを、波佐見焼の産地が得意とする多様な技法を活かしてバラエティー豊かに展開しているシリーズです。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

BARBAR 蕎麦猪口大事典 ポピーオイル そばちょこ はさみやき

販売価格: 2,160円 (税込)
数量: